耐震等級3の家

三心の構造
   

構造

耐震等級3

三心の構造としては、日本古くから伝わる「木造軸組み在来工法」を採用しています
これは日本の風土・四季(雨季を合わせると五季)に合わせ、先人達が長い歴史の中で築き上げた工法であり、現在も三心では受け継ぎ進化をさせています。


木造軸組み在来工法は、他の構造に比べると構造上の規制が少なく、軸の位置や長さが比較的に自由に設定することができ、開口部を大きくとったり、広くて開放的なプランも実現できるのも特徴で、自由な設計(間取り・空間づくり)を後押ししてくれます。また、他の工法に比べ増改築に対応しやすいことも特徴の一つで、ライフスタイルの変化による対応も比較的簡易と言えます。

こういった理由から、三心では、お客様に制限の無い、自由な間取りで家づくりを計画して頂きたいという思いから、木造軸組み在来工法をお勧めしております。

   

基礎

スタッフ構成

ベタ基礎×ホールダウン金物×土台通気パッキン工法

基礎に関しましては、ベタ基礎工法を採用しておりこれは基礎全体で建物を支える工法で、ホールダウン金物を使用し土台と基礎を連結しております。また、パッキンは土台通気パッキン工法を採用しておりこれは、床下の湿気やシロアリの対策効果としても非常に有効です。外壁に関しましても通気工法を採用しております。


耐震等級3までの道のり。 そして...

竹炭

最終プラン決定後、まず、プレカットの構造検討により、水平力(梁のサイズ・床板24mm・鋼製火打ちなど)と、壁面力(筋交い・外壁合板・内壁強化ボードなど)を計算します。
その計算に基づき、基礎工事の鉄筋配筋補強箇所、土台、柱、梁の接続部のホールダウン金物などの個数と設置箇所を検討し、耐震等級3仕様の構造を実現しています。
耐震等級3の基準をクリア―しているので、付属の設備工事を行えば、長期優良住宅の取得も可能です。

見えない所までしっかり安心!でも、耐震構造にとらわれすぎて、住

空間は我慢・・・、なんて事のない、地震に強く、自由設計の家づくりが‘三心とつくる家’のスタンダードです。

耐震等級3を取得すると火災保険が安くなります。